住み良くする

エクステリアを検討するときの注意点として、防犯上の観点から考えることが重要です。便利で快適なエクステリアが常に最上とは限りません。住宅を考える場合には、どうしても快適性を重視してしまいますが、防犯上の観点からも検討しなければなりません。建物本体については、防犯ガラスにしたり、窓を小さくしたり、格子をつけたりと防犯上の対策を考えますが、重要なのは敷地に入ってこられないということですので、エクステリアも重要になります。防犯上の観点からは、むやみに工作物を造らないことが一つの工夫となります。例えば、住宅周りにルーフをつけたり、物置を設置したりすることは利便性は高まりますが、その分、2階の窓から侵入する足場になってしまいます。

最近の住宅のエクステリアは、基本的にオープンなものが主流になっています。そのため、工作物もできるだけおかず、防犯上も安心といえます。しかし、そんな場合であっても、防犯対策は怠ってはなりません。例えば、防犯カメラの設置やガーデンライトの設置などにより、できるだけ泥棒が近づきにくいエクステリアにすることが大切です。そのようにしておけば、安心して生活することができます。エクステリアをリフォームによって造り直すような場合にも、防犯上の意識をももって検討することが大切です。最近のリフォームでは、防犯対策のために行われる場合も多く、できるだけ、住宅の周りに工作物を造らないようなエクステリアを検討する傾向にあります。